« 560号 年賀状の当選金に税金はかかる? | トップページ | 562号 確定申告会場に整理券 »

2020年12月17日 (木)

561号 来年の税制はどう変わる?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  「たっくすニュース」 2020年12月17日(第561号)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┌─┐
│■│ 年末年始休みのご案内
└─┴───────────────────────────
 令和2年12月29日(火)~令和3年1月3日(日)の間、お休み
とさせて頂きます。ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

┌─┐
│■│ 来年の税制はどう変わる?
└─┴───────────────────────────
 今月10日、来年度の税制改正大綱が与党から公表されました。
 来年度税制改正は年明けからこの大綱をもとに国会で審議され、
両院で承認可決されて成立となりますが、与党多数の現議会では
ほぼこの大綱通りに決まると予想されます。

 気になる大綱の内容ですが、コロナ禍における景気対策に加え
衆議院選挙が近い事もあり、大きな増税はなく全体的に小規模な
改正項目に留まった印象を受けます。
 以下、気になる内容をいくつかあげて簡単にご説明させて頂きます。

■ 固定資産税はあげません!
 固定資産税の課税標準は3年毎に評価替えが実施されており、
令和3年はその該当年となります。
 ただし令和3年に限り、本来税額が増加する土地はそのまま
据え置き、減額する土地は引き下げるという特別な措置がとられそうです。

■ 住宅ローン減税に小規模住宅が追加!
 今まで床面積50㎡以上の要件があった住宅ローン減税に、新しく
床面積40㎡以上50㎡未満の住宅が期間限定で加えられます。
 ただし、対象者の合計所得金額が1,000万円を超える年は適用外
となる制限がつきます。

■ 退職金課税の強化!
 退職金はこれまで一部の役員等を除き、1/2課税の減額が行われて
いましたが、勤続年数5年以下の短期の退職金については1/2減額を
条件付きで行わない事となりそうです。

■ 相続税と贈与税の一体化を検討
 こちらは近い将来の話しですが、暦年課税制度を見直すという話しが
浮上しております。
 現在110万円の範囲で孫や子供へ贈与している方は動向を注視する
必要がありそうです。

 以上、簡単にご報告です。
 来年が皆様にとって良い年となるよう祈念しております。
☆★───────────────────────────
送信元 豊島税理士事務所 豊島正純
〒142-0063 東京都品川区荏原4-1-4-201
Tel 03-3785-1644 Fax 03-3785-1650 http://taxtoyo.com
────────────────────────────★☆

« 560号 年賀状の当選金に税金はかかる? | トップページ | 562号 確定申告会場に整理券 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 560号 年賀状の当選金に税金はかかる? | トップページ | 562号 確定申告会場に整理券 »