« 534号 103万円の壁動かず… | トップページ | 536号 今年中にやっておく事 »

2019年11月18日 (月)

535号 気になる年収は?

■■■ 気になる年収は? ■■■
 国税庁が9月に公表した「民間給与実態統計調査」によると、2018年給与所得者の平均年収は441万円(対前年比2.0%増)、平均年齢は46.4歳だそうです。
 441万円の内訳は月給371万円+賞与70万円ですので、換算すると月31万円+賞与2.3ヶ月分という感じでしょうか…
 皆様はこの数字をどう思われますか?
■ 源泉徴収票をみてみよう
 「自分はそんなにもらっていない!」と思われた方の勘違いで多いのは、統計調査で公表される年収は手取り額ではなく総支給額という点です。
 天引きされた「所得税」「住民税」「社会保険料」等を手取り額に加えた金額が総支給額(年収)です。
 自分の年収を改めて確認したい方は、年末調整時に受取る源泉徴収票を確認してみましょう。
 源泉徴収票は原則、年に1回年末調整時に配賦されますので自分の年収を知るよい機会になります。
■ どこを見ればよいの?
 源泉徴収票は小さい文字と数字が書いてあり、見ただけでめまいがするかもしれませんが、確認ポイントはそんなに多くありません。
 まず、住所の下に書いてある「支払金額」…これがあなたの年収です。
 次に、氏名の下に書いてある「源泉徴収税額」…これがあなたの所得税額です。
 「社会保険料等の金額」欄は更に下…あなたの社会保険料負担額です。
 社会保険料等の金額は、あなたが負担した健康保険料、年金保険料、介護保険料等の合計額です。
 給与所得者の手取り額は「年収」から「所得税」「社会保険料」「住民税」を控除しますが、残念ながら住民税は源泉徴収票に書かれていません。
 住民税は6月頃に地方自治体から送られてくる通知で確認しましょう。

 

発信元 豊島税理士事務所 豊島正純
〒142-0063 東京都品川区荏原4-1-4-201
Tel 03-3785-1644 Fax 03-3785-1650 http://taxtoyo.com

« 534号 103万円の壁動かず… | トップページ | 536号 今年中にやっておく事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 534号 103万円の壁動かず… | トップページ | 536号 今年中にやっておく事 »