« 528号 相続法の施行 | トップページ | 530号 消費者還元制度 »

2019年8月19日 (月)

529号 8%でもちと違う

■■■ 8%でもちと違う ■■■
 消費税率が10%に引上げられる2019年10月まで残り1ヶ月余りとなりました。
 10月以降、持帰りの食料品等には軽減税率制度が採用され税率8%のままですが、実は9月までの8%と10月以降の8%は微妙に違うのをご存知でしょうか?
■ 消費税等ってなに?
 代金支払い時に受取るレシート等をよく見ると「消費税」ではなく「消費税等」と書かれている事があります。
 これは消費税が下図の様に国税の「消費税」と地方税の「地方消費税」に分かれているためなのです。
529-8002
 9月までの消費税率(国税)は6.3%と地方消費税率(地方税)1.7%で合計8%、10月以降の軽減税率では6.24%と1.76%の合計で8%と内訳が異なります。
■ 経理担当者は区別が必要です!
 内訳が違うだけですので代金を支払う一般消費者側には関係ありませんが、事業者にとっては同じ8%でも9月と10月では区別して記帳し計算する必要がありますのでご注意下さい(字数の都合上詳細な説明は省略させて頂きます)。
 ちなみに「地方消費税」は1989年消費税が税率3%で導入された時にはなく、1997年消費税率が5%に引上げられた時導入されました。
 当時の内訳は4%が「消費税」、1%が「地方消費税」で合計5%と単純でした。
 税率が上がるにつれ徐々に内訳の小数点以下が多くなる消費税率…そのうち円周率(π)の様にならない事を祈ります。

たっくすニュース
2019年8月19日(第529号)

送信元 豊島税理士事務所 豊島正純
〒142-0063 東京都品川区荏原4-1-4-201
Tel 03-3785-1644 
Fax 03-3785-1650 
http://taxtoyo.com

« 528号 相続法の施行 | トップページ | 530号 消費者還元制度 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 528号 相続法の施行 | トップページ | 530号 消費者還元制度 »