« 500号 軽減税率の不思議 | トップページ | 502号 軽減税率の不思議(その3) »

2018年6月16日 (土)

501号 軽減税率の不思議(その2)

■■■ 軽減税率の不思議(その2) ■■■
■ 来年10月1日、あるハンバーガーショップでの会話
店員「お持ち帰りですか?こちらでお召し上がりですか?」
父親「持ち帰ります!!」
子供「えーっ!お父さん、ここで食べていくって言ったじゃない!」
父親「しーっ!! ここで食べていくと税金が高くなるんだ」
子供「じゃあ、ここで食べていかないの?」
父親「いや…食べていくけど、レジで持ち帰りって言うと税金が安くなるんだ」
子供「ふーん、税金ってキチンと払わなくてよいものなの??」
父親「い、いや…そういう訳ではないけど…
   レジでは持ち帰りって言っても、ここで食べていってよいんだぞ!」
子供「ふーん、税金を安くするためにはお店の人に嘘ついてよいって事?」
父親「・・・」

■ 内食は8%、外食は10%
 前回ご紹介したとおり、来年(2019年)10月から消費税率が10%になります。
 同時期、酒類及び外食サービスを除く飲食料品については8%に据え置く軽減税率が導入されます。
 ここでいう外食サービスとは、テーブル、椅子、カウンター等の設備がある所で飲食料品を提供するサービスです。
 たとえセルフサービスであっても、椅子がビールケースの様なものであっても外食に該当し消費税率は10%になります。

■ 正直者がバカをみる??
 では、テイクアウトも店内飲食もできる店はどちらになるのでしょうか?
 レジで飲食料品を持ち帰り用の容器にいれたり包装したりして会計する場合は8%、トレイなど返却が必要な食器に入れる場合は外食として消費税率10%となります。
 先程の父親の様に会計時に持ち帰りと言って、その後に持ち帰り用の容器から出して店内飲食しても8%のままでお咎めありません。
 正直に店内飲食を告げると10%を負担するこの制度、皆様は如何思われますか?

2018年6月16日(第501号)

たっくすニュースは作成日現在の法令等に基づいて作成しております。詳細はこちらをご覧下さい。







« 500号 軽減税率の不思議 | トップページ | 502号 軽減税率の不思議(その3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 501号 軽減税率の不思議(その2):

« 500号 軽減税率の不思議 | トップページ | 502号 軽減税率の不思議(その3) »