« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月15日 (水)

487号 マイナポータル始動

■■■ マイナポータル始動 ■■■
 マイナポータルは政府が運営するオンラインサービスで、自宅のパソコンやスマートフォンで各種行政手続ができたり、行政からのお知らせが自動的に届いたりするサービスです。
 あまり報道されていないようですが今月13日、「マイナポータル」が本格運用となりました。
 そこで早速、マイナポータルのサイトにアクセスしてみました。

■ 先ずはログイン
 初めに個人認証手続きが必要なのですが、スマートフォンでこの手続ができるのはアンドロイドOSの数機種のみ…iPhoneは現在未対応です。
 私はソニーのXperiaXZ(アンドロイドOS)を使っていますが未対応の為、しかたなくパソコンからアクセスします。
 動作環境の詳細はホームページでご確認下さい。
 マイナンバーカードをカードリーダーに入れて認証手続きをします…マイナンバーカード作成時に届出た(と思います…)パスワードを入力してログイン…成功!!
 早速、マイナポータルのサイト内をネットサーフィンしてみました。
 ところが残念な事に、私にとって有益な情報は特にありませんでした…(泣)
 とりあえず、メールアドレスや自治体を登録したりe-taxとの連携をしてお知らせが届くようにしてログアウト…

■ 今後のバージョンアップに期待!!
 本格運用といっても、まだまだ始まったばかり…
 今後はマイナポータルで引越し手続きが全て完了(電気水道ガス等も含めて…)したり、確定申告で必要な情報が得られるようなる等、様々な案が検討されています。
 今後のバージョンアップに期待致しましょう!!

2017年11月15日(第487号)

たっくすニュースは作成日現在の法令等に基づいて作成しております。詳細はこちらをご覧下さい。






2017年11月 2日 (木)

486号 年末調整に備えましょう

■■■ 年末調整に備えましょう ■■■
 11月になると、そろそろ年末調整の準備が必要になります。
 年末調整とは、給与支払者(会社等)が1月から12月に支払った給与等から所得税額を計算し、予め差引いた源泉所得税額との過不足を年末に調整する仕組みです。

 では、年末調整に必要な書類をご紹介します。
□ 平成30年分給与所得者の扶養控除等申告書
□ 平成29年分給与所得者の扶養控除等申告書
 上の2点、年末調整を受ける方は必ず必要な書類ですので、必要事項を記入して給与支払者(会社等)に提出しましょう。
 平成29年分の方は、最初の給与支払日の前日までに提出するものですので、既に提出済みで変更のない方は再提出不要です。

 以下は必要に応じて提出する資料です。
□ 平成29年分給与所得者の保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書
□ 各種生命保険等の控除証明書
□ 住宅借入金等特別控除申告書
□ 前職の源泉徴収票(平成29年分)
 最後に、今年以降の変更点をいくつかご紹介します。

■ 平成29年は給与年収1,000万円超の方は増税…
 平成28年まで給与年収1,200万円超の方は一律230万円の給与所得控除がありましたが、平成29年からは給与年収1,000万円超の方は一律220万円に減額されます。

■ 平成30年から配偶者控除&配偶者特別控除が変わります
 給与年収1,120万円(所得900万円)超の方は段階的に配偶者控除が減額され、給与年収1,220万円(所得1,000万円)超になると配偶者の所得に関係なく配偶者控除が受けられなくなります。
 逆に給与年収1,220万円以下の方は、配偶者の給与年収が150万円まで配偶者控除or配偶者特別控除が受けられる様になります。

2017年11月2日(第486号)

たっくすニュースは作成日現在の法令等に基づいて作成しております。詳細はこちらをご覧下さい。






« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »