« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月21日 (月)

463号 今年中にやっておきたい事

■■■ 今年中にやっておきたい事 ■■■
 早いもので、今年も残り1か月余りとなりました。
 そこで今回のたっくすニュースは「今年中にやっておいた方が良い事」をいくつかご紹介させて頂きます。
 ふるさと納税
 既にご存知の方も多いと思いますが、地方自治体へ寄付する事により自己負担実質2,000円で自治体によってはお礼の品がいろいろともらえるというお得な制度…
 特に注意する点は次の2つ…
1) ワンストップ特例が適用されない方は確定申告が必要です!
2) 所得によって上限額が決まりますので、寄付限度額のシミュレーションを忘れずに!
 どの自治体にどんな返礼品があるかは、インターネットで検索してみましょう。
 最近はポイント制を導入する自治体が増え、ポイントに応じて好きなタイミングでカタログ等から返礼品を選べるサービスも増えているそうです。

■ 今年の贈与は今年の内に!
 年間110万円までの基礎控除内贈与をお考えの方は、今年中に贈与を成立させましょう。
 贈与税の計算は暦年単位でカウントされますので、12/31に110万円、翌年の1/1に110万円と2日間で220万円の贈与を受けても基礎控除内であれば贈与税はかかりません。
 逆に、同年中に両親2人から子供へそれぞれ110万円ずつ贈与する場合、贈与税は受贈者側でカウントされますので受贈額は合計220万円となり、基礎控除額を超えますので贈与税がかかりますのでご注意を…
■ 支払いは今年の内に?
 医療費控除を検討されている方の医療費、国保や年金は来年頭に支払うのでしたら、今年中に支払っておくと今年の所得控除に加算する事ができます。
 個人事業主の方は、消耗品の購入、小規模企業共済、倒産防止掛金の年内支払いを検討してみましょう。

2016年11月21日


たっくすニュースは作成日現在の法令等に基づいて作成しております。詳細はこちらをご覧下さい。





2016年11月 1日 (火)

462号 住民税の特別徴収は昔から?

■■■ 住民税の特別徴収は昔から? ■■■
■ 大統領選挙が火曜日の理由
 来週火曜日(11月8日)、アメリカ大統領選挙が行われるのをご存知の方も多いと思います。
 日本の国政選挙は有権者が休みの日曜日に行われる事が多いですが、アメリカの大統領選挙は何故「11月第1月曜日の翌日」に行われるのでしょうか?
 キリスト教徒の多いアメリカでは日曜日の投票は安息日と重なり都合が悪く、広大な土地をもつアメリカでは投票所が遠いと1日がかりの移動になるケースをも考慮し、余裕をもって火曜日になったとの説が有力だそうです。
 なにしろこの投票日が決まったのは約170年も昔の事で、移動手段も自動車ではなく馬車だった時代から変わっていないとの事ですので…

■ 住民税の特別徴収も昔から…
 話しは変わって、我が国では地方自治体へ支払う「個人住民税」は納税義務者本人が直接支払う「普通徴収」と、給与から天引きして事業者が間接的に支払う「特別徴収」の2制度があります。
 手間のかかる特別徴収を避けたい事業者が「普通徴収」を希望すれば以前は認められていましたが、各自治体は給与天引きによる取り損ねのない「特別徴収」への一本化を推進(?)しています。
 現在、普通徴収が認められるのは一部のケースで、東京都の場合は以下の基準に該当すれば当面認めるとの事…
A. 総従業員数が2人以下
B. 他の事業所で特別徴収をしている
C. 給与が少なく税額が引けない
D. 給与の支給が不定期…などなど(詳細はホームページ等でご確認下さい)
 今まで普通徴収でキチンと支払っていても「本当は昔から特別徴収が原則で法律でも決まっています」との理由で普通徴収の選択ができなくなっています。
 なんだか過去の亡霊(法律)に悩まされている様な気がしてしまいますね…

2016年11月1日


たっくすニュースは作成日現在の法令等に基づいて作成しております。詳細はこちらをご覧下さい。







« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »