« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月17日 (木)

447号 民泊と確定申告

■■■ 民泊と確定申告 ■■■
 所得税の確定申告をなさった皆様、大変お疲れ様でした。
 還付申告でなければ申告と共に必要なのが納税ですが、その方法は「現金で支払う」「ネットバンクで支払う」「預金口座から振替える」の3通りです。
 口座振替を選択した方は、平成28年4月20日(水)が所得税の振替日、4月25日(月)が消費税の振替日ですので預金残高にご注意下さい。
 残高不足で振替できなかった場合、法定納期限に遡って延滞税がかかりますのでくれぐれもご注意を!!

■ 民泊をご存知ですか?
 さて話しは変わりますが、ここ最近、住宅の空き部屋等に旅行客を泊める民泊が話題になっていますね。
 民泊は構造改革推進の為に国が定めた区域(国家戦略特別区域)で、各自治体が条例を定める事により可能となります。今年1月に東京都大田区が全国で初めて条例を施行して話題になったのは記憶に新しいところです。
 ただ、近隣住民等とのトラブルや無許可営業等の問題もあり、興味はあれども申請件数自体があまり伸びていない(今月1日で3件)というのが現状の様で、まだまだ様子見段階という事の様です…

■ 民泊で確定申告?
 ところで民泊で収入を得た場合に確定申告は必要なのでしょうか?
 給与所得者が年末調整で税金の精算が終わっており、かつ民泊等による所得が年間20万円以下の方は原則として確定申告の必要はありませんが、その他の方は確定申告が必要になるでしょう。
 なお、住宅ローン控除の適用を受けている自宅を民泊に使用する場合、住宅ローン控除の適用要件から外れてしまい控除を受けられなくなる可能性がありますのでご注意下さい。

 2016年3月17日


たっくすニュースは作成日現在の法令等に基づいて作成しております。詳細はこちらをご覧下さい。







2016年3月 1日 (火)

446号 確定申告は必要?

■■■ 確定申告は必要? ■■■
 所得税の確定申告期間も3月15日(火曜日)までと残り2週間です。
 この時期、よく聞かれるのが「自分が確定申告をした方が良いのか否か?また、する必要があるのか?」についてです。

■ 確定申告の必要がない方
 サラリーマン等の給与所得者は年末調整で年間の所得税額が確定し、税金の支払いも完了していますので原則として確定申告の必要はありません。
 また、公的年金の受給者で年金収入額が400万円以下の方も、平成23年分からは原則として確定申告をしなくてもよくなりました。
 ただし、年間の給与収入が2,000万円を超える方、副業等があって他の所得が20万円を超える方等は確定申告が必要ですのでご注意下さい。

■ 確定申告をした方が良い方
 確定申告が必要でない方でも、確定申告をすると税金が戻ってくる場合があります。
 以下の様な方は税金が戻るかもしれませんので、当てはまる方は申告をするかしないかをご確認下さい。
1.年末に扶養家族が増えた方
2.社会保険料、生命保険料控除、地震保険料控除等の調整が終わっていない方
3.住宅ローン減税の初年度申告の方
4.医療費がいっぱいあった方
5.寄付をいっぱいした方
6.災害や盗難等にあった方 などなど…
 確定申告期間も残りあと僅か、お忘れのないようご注意を!!

 2016年3月1日


たっくすニュースは作成日現在の法令等に基づいて作成しております。詳細はこちらをご覧下さい。







« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »