« 434号 今月中にやっておく事(マイナンバー編) | トップページ | 436号 パート収入の壁 »

2015年9月17日 (木)

435号 10月からかかる消費税

■■■ 10月からかかる消費税 ■■■

■ 一部のネット取引には消費税がかからなかった?
 海外事業者(アマゾン等)からインターネットを介して電子書籍、音楽、ソフトウェア等を購入したり、海外事業者(グーグル等)の広告配信・掲載サービス、クラウドサービス等を利用したりする場合、現在はその利用料金に消費税は課されていません。
 これは消費税の課税要件の1つに「日本国内で行う取引」というのがあり、海外で行う取引と判断されると消費税の課税対象外となる為です。
 国境が曖昧になるインターネット取引の場合、国内取引か国外取引かの判定は役務提供をする事業者の住所地で行います。
 結果「国外事業者が行う電子書籍サービス等には消費税がかからない!」「国内事業者が行う同様のサービスには消費税がかかる!」となります。
 これでは同様のサービスを提供している国内事業者は不満がつもりますね…

■ 10月から海外事業者にも消費税がかかる
 そこで消費税法を改正し、来月(10月)から「サービスを受ける側」の住所地等で国内外の判定をする事にしました。
 結果、10月以降は国外事業者が行うこれらのサービス料金にも消費税がかかる事になります。
 対象となる取引は上にあげたものの他「インターネットを介して行う宿泊予約、飲食店予約サイト」「インターネットを介して行う英会話教室」「電子新聞、インターネット映像の配信」等も含まれます。

■ 本当に国外事業者が納税してくれるの?
 ところで、日本の税金を国外事業者に払ってもらう事は可能なのでしょうか?
 実際の課税は国外事業者に登録してもらったり、リバースチャージという方式を用いたりと少々複雑な手法で行われますので詳細は割愛させて頂きます。
 なお、国税庁のホームページでは既に登録を受けた国外事業者の一覧が公表されていますので、興味のある方はご覧下さい。

 2015年9月17日

たっくすニュースは作成日現在の法令等に基づいて作成しております。詳細はこちらをご覧下さい。







« 434号 今月中にやっておく事(マイナンバー編) | トップページ | 436号 パート収入の壁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 435号 10月からかかる消費税:

« 434号 今月中にやっておく事(マイナンバー編) | トップページ | 436号 パート収入の壁 »