« 412号 小規模企業共済等掛金控除 | トップページ | 414号 遺言について »

2014年10月20日 (月)

413号 相続財産ってどんなもの?

■■■ 相続財産ってどんなもの? ■■■
 「来年から相続税があがります」という話しは「たっくすニュース408号」でご紹介させて頂きました。
 今回は「相続税はいったいどんなものにかかるのか?」という点について、簡単にご紹介させて頂きます。
 相続税は原則として死亡した人の財産を、相続や遺贈により取得した場合にその取得した財産に対してかかります。
 では相続税の課税対象となる「取得した財産」とは、具体的にどんなものをさすのでしょうか?
 それは現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、建物、貸付金、特許権、著作権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるものすべてです。
 庭園設備や書画骨董等も経済的価値があれば相続税の課税対象となります。

■ 死亡保険金は?
 死亡した人が契約者で被保険者、受取人が相続人であるような一般的な死亡保険金は本来の相続財産ではありません。
 ただし、死亡保険金には財産価値があるので相続税法上は財産とみなされて相続税の課税対象となります。
 なお、死亡保険金には500万円×法定相続人数の非課税枠がありますので、この金額を超えなければ結果として相続税がかかる事はありません。

■ お墓や仏壇は?
 墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物は相続税がかからない財産です(ただし、骨董的価値のあるもの等は除きます)。
 よく「生前にお墓を購入しておくと相続税が安くなる」という話しがありますが、これは「現金で持っていると相続税の課税対象だけど、お墓なら相続税の課税対象ではないので相続税がかからない」という意味です。

■ 他人名義の預金は?
 死亡した人の名義でなくても、実質的にその人の預金と認められるものは相続税の課税対象となります。






« 412号 小規模企業共済等掛金控除 | トップページ | 414号 遺言について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 413号 相続財産ってどんなもの?:

« 412号 小規模企業共済等掛金控除 | トップページ | 414号 遺言について »