« 410号 国税庁Sakeジャパンチーム | トップページ | 412号 小規模企業共済等掛金控除 »

2014年9月16日 (火)

411号 大雨等で災害を被ったら

■■■ 大雨等で災害を被ったら ■■■
 少しずつ秋を感じるようになりましたね…
 秋は運動会や秋祭りが催され過ごしやすい季節ですが、台風や大雨等の災害にも注意が必要です。

■ 特別警報について
 昨年8月から気象庁が運用を開始した「特別警報」は警報の発表基準をはるかに超えるような甚大な災害が発生するおそれがある場合に適用され、注意報、警報の上のレベルの警戒を呼びかける情報です。
 数十年に一度の大雨となるおそれが大きい時等に発表されるそうですが「極地的な集中豪雨の場合には発表が遅れる」「特別警報が発表されるまでは大丈夫と思って注意を怠る」等の問題点もあるようです。
 皆様も気象情報等に十分注意し、早めの対応をとるようご注意下さい。
 十分注意をしていても不幸にして災害にあった場合は、税金の面でも一定の措置が取られています。
 具体的には確定申告で雑損控除か災害免除法を選択適用し、所得税の軽減免除が受けられます。

■ 災害免除法では税額が免除または軽減されます
 災害免除法を適用できるのは、災害によって受けた住宅や家財の損害額がその価額の1/2以上になった場合です。
 年間所得が1,000万円以下の方が適用可能で、年間所得が500万円以下の方は所得税の全額が免除、500万円超750万円以下の方は所得税額の1/2を軽減、750万円超1,000万円以下の方は所得税の1/4が軽減されます。

■ 雑損控除は所得控除
 雑損控除は災害によって受けた損害の他に、盗難や横領によって受けた損害も適用対象となります。
 5万円を超える災害関連支出か(損害金額+災害関連支出の金額-保険金等により補てんされる金額)×10%のいずれか多い金額を雑損控除(所得控除)として申告できます。


« 410号 国税庁Sakeジャパンチーム | トップページ | 412号 小規模企業共済等掛金控除 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 411号 大雨等で災害を被ったら:

« 410号 国税庁Sakeジャパンチーム | トップページ | 412号 小規模企業共済等掛金控除 »