« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月17日 (月)

381号 タックスマン♪

■■■ タックスマン♪ ■■■
 来年(平成26年)4月から消費税率は8%(現在5%)に、再来年(平成27年)10月からは10%に上がる予定です。平成27年1月からは相続税と所得税の増税も予定されています。
 相続税は基礎控除が現在の60%に引き下げられますので、これまで相続税がかからなかった方に課税される可能性がでてきます。
 所得税は最高税率が45%(現在40%)となり、課税所得4,000万円超の方は住民税と復興特別所得税を合わせて55.945%の高税率となります。
 これらは富裕層(?)を対象とした増税ですので「お金のある方には税金を払ってもらおう」という事のようですね・・・
 とはいえ、稼ぎの半分以上も税金にとられるなんて・・・と嘆く声が聞こえてきそうです。

■ 最高税率は95%?
 かつてイギリスでは富裕層に所得税率95%の税金をかけていた時代がありました。
 時代はあのビートルズが活躍していた頃まで遡ります。1966年に発表されたビートルズ7枚目のアルバム「リボルバー(Revolver)」の1曲目に「タックスマン(Taxman)」という歌があります。では、ジョージ・ハリスンが作った詩の一部をご紹介しましょう。

「どういうことなのか説明してあげましょう」 Let me tell you how it will be 
「あなたの取り分は1で、私は19です」 There’s one for you, nineteen for me 
「5%では少なすぎますか?」 Should five per cent appear too small 
「全部とられないだけでも感謝しなさい」 Be thankful I don’t take it all 
 ・・・(中略)・・・
「私が何につかうかなんて聞かない事です」 Don’t ask me what I want it for 
「これ以上税金をとられたくないならね・・・」 If you don’t want to pay some more 
 ・・・(中略)・・・
「さて、亡くなられる方への忠告です」 Now my advice for those who die 
「目の上にのせた硬貨も申告するように!!」 Declare the pennies on your eyes 
 ・・・(中略)・・・
「あなたは誰の為でもなく、私の為に働いているのですよ・・・」 And you’re working for no-one but me 

 当時は世界的に所得税率が高かったのですが、あまりの高さゆえに優秀な人材がイギリス国外へ流出してしまったそうです。いやはや、租税とは難しいものです・・・

2013年6月17日(第381号)







2013年6月 3日 (月)

380号 マイナンバー始まります

■■■ マイナンバー始まります ■■■
 先月24日「共通番号(マイナンバー)法」が国会で可決成立しました。これにより平成28年1月から全国民に個人番号が割り振られます。

■ 番号通知カードが送られてきます
 予定では消費税率が10%になる平成27年10月頃、紙に個人番号が記載された「通知カード」が全国民に市区町村から郵送されてきます。
 紙のカードで物足りない方は、翌年(平成28年)1月から市区町村の窓口で、顔写真付ICカードを交付してもらえます(有償か無償かは未定との事)。
 顔写真付ICカードの表には氏名・住所・生年月日・性別、裏には個人番号が記載されるので、運転免許証等と同様に身分証明としても使えるそうです。
 当面の間、個人番号の利用は年金や雇用保険の確認、税金の確定申告といった行政分野に限定されますが、将来的には他分野(医療や金融機関など)での活用も検討される予定です。

■ 住基カードは廃止
 なお、平成11年から始まった住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)ですが、こちらはそのまま継続・・・住基カードのみ廃止され番号通知カードに統合されるそうです。

■ マイ・ポータルで情報確認
 平成29年1月からは「マイ・ポータル」というインターネットサービスが始まります。
 マイ・ポータルでは国の機関同士の連携が行われ、自宅のパソコン等から自分の年金情報や社会保険料の納付状況、給料・報酬の情報や過去の税務申告・納付情報等が確認できるようになります。(ただし、カードリーダー等の機材が別途必要です)
 この制度が始まれば、今まで年末調整や確定申告時に必要だった添付書類(医療費の領収書や控除証明書等)は必要なくなります。
 便利な反面、サイバーテロや情報漏洩などのリスクを危惧する声が絶えないのも事実ですので、万全な対策を期待したいですね・・・

■ 法人番号もあります
 ところで番号が割り振られるのは個人だけではありません。法人には国税庁から法人番号が割り振られます。
 法人番号は個人番号と違って当初から利用範囲の制限がなく、民間での利用(営業取引など)も可能です。
 将来は「法人番号が記載された会社の名刺」なんていうのも登場するかもしれませんね。
 マイナンバーは12ケタ以上で原則変更不可との事・・・自分の個人番号は何番になるか??・・・不安と期待とともに、いよいよスタートです。

2013年6月3日

豊島税理士事務所 豊島正純
〒142-0063 東京都品川区荏原4-1-4-201
Tel 03-3785-1644  Fax 03-3785-1650






« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »