« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月20日 (日)

371号 握手券偽造はどんな罪?

■■■ 握手券偽造はどんな罪? ■■■
 昨年より約1ヶ月遅れの今月下旬、来年度の税制改正大綱が公表される予定です。
 平成25年度税制改正の詳細は改めてご紹介させて頂きますが、その前に平成24年分所得税の確定申告がいよいよスタートします。
 普段、確定申告と縁のない方も生命保険の満期保険金を受け取った時などは確定申告が必要になるケースがあります。また医療費が多くかかった年など、確定申告をした方がお得になるケースもあります。

■ 特典付CD
 話しは変わりますが、皆様はAKB48やSKE48をご存知でしょうか?
 昨年末の紅白歌合戦にも出場し、発売されるCDの売れ行きも好調なアイドルグループですが、販売されるCDにイベント参加券やメンバーとの握手券等の特典を付けて販売する手法が度々話題となる事もあるようです・・・
 ファンにとっては様々な特典がとても価値のあるもののようで、CDよりもそれらの特典を目的にCDを複数枚購入する人もいるとか・・・
 先週SKE48の握手券をカラーコピーして偽造したり、イベント会場から盗んだりした高校生が有価証券偽造と窃盗の罪で逮捕されたそうです。
 実は3年前にもAKB48の握手券を偽造販売しようとした男が有価証券偽造罪と同交付罪で懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決をうけています。

■ 握手券って有価証券?
 両ケースとも有価証券偽造との事ですが、アイドルとの握手券って有価証券なのでしょうか?
 有価証券というと株券や小切手、商品券等の様に証券に金額や数字が記載されているものを思い浮かべますが、商法上の有価証券と違い刑法上の有価証券はもう少し範囲が広いようです。
 例えば、電車の定期券や宝くじといったものも刑法上は有価証券であり、アイドルとの握手券もオークション等で販売すれば換金できるという事で有価証券として扱われるのだそうです。
 有価証券偽造罪は3ヶ月以上10年以下の懲役(刑法第162条1項)と重罪です。
いくらアイドルと握手がしたくても、カラーコピーはやめた方がよさそうですね・・・

2013年1月21日(第371号)

〒142-0063 東京都品川区荏原4-1-4-201
Tel 03-3785-1644  Fax 03-3785-1650




2013年1月 7日 (月)

370号 謹賀新年

■■■ 謹賀新年 ■■■
  明けましておめでとうございます。2013年が皆様にとり実り多き年となるよう祈念致します。
  さて、皆様ご存知のとおり今年は巳年です。初詣にでかけた近所の目黒不動尊では、干支の白蛇に人だかりができておりました。

■ 巳年生まれの法人
  思い起こすと12年前の巳年は記念すべき21世紀の始まり!!西暦2001年でした。
  ITバブル景気が終わろうとしていた年ですが、2001年には新設法人が5万9252社設立され、巳年生まれ法人16万5501社の内の35.8%を占めているそうです。
 参考までに、巳年生まれの有名法人では太平洋セメントが西暦1881年(明治14年)設立で最も古い法人のひとつ。
  この他、TOTOが西暦1917年(大正6年)、ヤマトホールディングスは西暦1929年(昭和4年)、日本航空は西暦1953年(昭和28年)、日本マクドナルドホールディングスは西暦1977年(昭和57年)、三菱UFJフィナンシャル・グループは西暦2001年(平成13年)と業界を代表する企業が多く設立されています。
 今年新しく設立される法人の皆様、そして今年更なる飛躍をなされる皆様のお役にたてればと思っておりますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。

■ 復興特別所得税
 既に「たっくすニュース363号」で案内済みですが、今年(平成25年)より通常の所得税に加えて2.1%の復興特別所得税がかかります。
 2.1%の復興特別所得税とは、具体的にどのくらいの負担増となるのでしょうか?
財務省の試算によりますと、夫婦と子供2人のサラリーマン世帯の場合、年収500万円で年約1,600円、年収1,000万円で年約14,000円の負担増との事。
  これだけだとあまり負担に感じる方は多くないかもしれませんが、復興特別所得税は給与だけにかかるものではなく、預金の利子や株の配当、不動産を売った時や事業から生じる所得にもかかります。
  給与や報酬等を支払う時の源泉所得税にもかかりますので、給与計算時等にはご注意下さい。
  なお、この復興特別所得税は25年間(西暦2037年まで)続く予定です。

2013年1月7日(第370号)

〒142-0063 東京都品川区荏原4-1-4-201
Tel 03-3785-1644  Fax 03-3785-1650



« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »